都島区の不動産売買|人と街をつなぐフォレストスタイル株式会社 > フォレストスタイル株式会社のスタッフブログ一覧 > 住宅ローンが残っていても売却できる?

住宅ローンが残っていても売却できる?

カテゴリ:売却
不動産に関するブログ

不動産売却と住宅ローン残高

不動産売却を考えている方々の中には、「住宅ローンが残っている場合、売却できるのか?」という疑問を抱く方も多いでしょう。この記事では、その疑問について詳しく説明します。




住宅ローンが残っていても売却は可能です

まず、安心してください。住宅ローンが残っていても、不動産の売却は可能です。住宅ローンの残高がある場合、売却時には残債を返済する必要がありますが、それをクリアすれば不動産を売却できます。

不動産の売却額が住宅ローンの残高を上回る場合、残った資金は売主に戻ります。逆に、売却額が残債を下回る場合、差額を支払う必要が出てきます。このような場合、購入者との交渉が必要になることがあります。




買い替えを考える場合

住宅ローンが残っている状態で新たな不動産を購入し、既存の不動産を売却する場合、住宅ローンの残債を新しい不動産の購入資金に充てることもできます。※金融機関の審査が必要です。




地域密着の不動産会社を利用しよう

不動産の売却や買い替えを検討する際、地域密着の不動産会社を利用することをおすすめします。地域に特化した会社は地元の市場動向に詳しく、最適なアドバイスを提供してくれます。フォレストスタイルでは"地域密着営業"に注力し、お客様のご事情に沿ったご提案を心掛けています。




マンションと戸建て物件の売却

住宅ローンの残債がある場合、マンションや戸建て物件を売却する際には同じルールが適用されます。どちらの不動産も売却可能ですが、売却額と残債のバランスを考慮することが大切です。

フォレストスタイル株式会社への問い合わせはこちら


フォレストスタイル株式会社への問い合わせはこちら


住宅ローンが残っていても、不動産の売却は可能です。売却時には住宅ローンの残高をクリアする必要がありますが、その後の資金の使い道や買い替えの選択肢を検討することができますので、地域密着のフォレストスタイルにお任せください。

フォレストスタイル株式会社への問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売買を円滑に進めるために必要なこととは?   記事一覧   不動産売却時にかかる譲渡所得税とは?|次へ ≫

森田 拓郎 最新記事



森田 拓郎

代表の森田拓郎(もりた たくろう)と申します。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る